カズオ・イシグロを原作で読んで、英語力アップを目指せ!

カズオ・イシグロと言えば、日の名残り

英国のある貴族につかえる老執事の、地味で堅実な人生を描いた名作。英国貴族といえば、最近ではダウントン アビーが一世を風靡したばかりだが、カズオ・イシグロの小説を映画化したこの作品も当時は大絶賛され、アカデミー賞8部門にノミネートされた。

カズオ・イシグロは、その名の示す通り、生粋の日本人。日本人を両親にもち、長崎に生まれるが、彼が5歳のとき、一家はそろって英国へ渡り、そのまま人生の大半を英国で暮らすことになる。日本生まれでありながら、イシグロの母国語は英語。5歳まで暮らした「長崎」の記憶は残っているが、日本語能力は限定的。

カズオ・イシグロは、海外ではハルキ・ムラカミと同等か、それ以上に有名な作家だ。英国で育ったイシグロは、日本語で小説は書けないが、「日本語っぽい変な英語」は書ける。ある意味、それが作家カズオ・イシグロの強みとも言えよう。

イシグロの書く文章は、英国で高い評価を得ている。しかし、我々が巷で目にする彼の小説はすべて翻訳もの。これは訳者の能力次第でどのようにもなってしまうので、カズオ・イシグロの真の実力を知りたいなら、原文(つまり英語)で読むしかない。

え、めんどくせ、無理、なんて言わないでほしい。

こう考えたらどうだろう。いわゆる「日本語英語」を盛り込んだイシグロの作品を、その意図通りに心から味わえるのは、我ら日本人だけだ。これは日本人の特権であり、我々はカズオ・イシグロの原作を英語テキストとして使わない手はないのである。


てなわけで、何だかよくわからない論理を展開しているわけだが、わたしは以前から、カズオ・イシグロはいっぺん読んでおかなければならない、と感じていた。しかし、一番有名どころの「日の名残り」は映画観賞済みで今さら感がある。それなら比較的最近の長編、「忘れられた巨人」だろうということで実はちょっと前にこれを図書館で借りたのだが、3ページもいかないところで放棄した。つまらないわけではないが、何か違う、と感じてしまったのだ。

あれから年月が経ち、先日、ようやくカズオ・イシグロを読破した。
日の名残りでも、忘れられた巨人でもなく、わたしを離さないで

一見、何の変哲もない青春小説。ある施設だか学校だかで、集団生活をおくる子供たちの日常が丹念に綴られていく。年齢的には、小学生から中学生くらい。無邪気な幼少時代から、否応なく大人になることを迫られる年代だ。

ある時をきっかけに、カラダに変化が始まり、性に目覚め、自我が芽生える。仲間うちでは、如何に無難に、如何に相手より優位に立ち回るか、そんな戦略に明け暮れる、非常にめんどくさい時期。程度の差こそあれ、誰もが直面する、青春という名の暗黒時代の始まりだ。

これが普通の子供たちに起こる、普通の成長過程であったら、どこにでもある普通の青春小説だ。トルストイしかり。太宰治しかり。古今東西、世界の名だたる文豪たちも、自らの幼年時代、少年時代、青年時代を省み、その時代における内なる苦しみ、地獄の足掻きを小説にしてきた。

カズオ・イシグロは、そこに一捻りいれた。もしこれが、そこらへんによくいる少年少女でなく、クローン人間だったら?臓器提供目的で造り出された、人造人間だったら?現在でも「事故や病気で死んだら臓器を提供します」というドナー制度があるにはあるが、それをもっと大々的に、国家規模でやったら?

クローン人間は、子供を産めない。人工的に孵化し、成人するまで施設で大切に育てられ、やがて臓器を提供する。ある意味、烏骨鶏や松坂牛と同じ運命である。なんなら神戸牛でも米沢牛でもいい。なかには、一人で4回くらい提供する強者もいる。もちろん、4回もやったら自身はからっぽになって、ドナーとしての役割を終える。つまり、死ぬ。

カズオ・イシグロは、ここに遥か昔から綿々と語り継がれる永遠のテーマ、いわゆる「青春の苦しみ」と、22世紀?の医療制度を合体し、ひとつの小説に仕立て上げた。好き嫌いはともかくとして、偉大なこころみと言えよう。

カズオ・イシグロをまだ読んだことのない人は、読んでみることをお勧めする。



posted by ヒロミシュラン at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語をモノにする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446506756

この記事へのトラックバック